松阪牛豆知識

松阪牛豆知識

松阪牛(まつさかうし)は日本の三重県松阪市または、その近郊で肥育される黒毛和種の和牛。

 

「まつさかうし、まつざかうし、まつさかぎゅう、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれ、表記においても松阪牛・松坂牛・松阪肉などとあるが『松阪牛』が正しい。

 

日本三大和牛の1つ。2002年(平成14年)8月19日以前は「松阪牛」全てが高級銘柄牛肉であったが、現在は格付けの幅がゆるくなり「松阪牛」との呼称が許され、全ての松阪牛がA5等級とは限らなくなっているが『松阪牛やまと』では2002年当時以上の【A5等級BMS11以上の松阪牛】にこだわって提供いたしております。

 

江戸時代頃には、農耕用の牛として但馬国(兵庫県但馬地方)の雌牛(但馬牛)を飼育していた松阪牛の生産地でも明治から本格的な西洋文化の影響で牛肉食が始まると、明治38年頃までには、農耕用を退役した牛が肉牛として売られるようになったのが本格的な松阪牛の畜産の始まりかもしれません。

 

その後は急激に肉牛畜産への変化が進み、さらに昭和10年に東京で行なわれた『全国肉用牛畜産博覧会』で名誉賞を受賞したことから松阪牛が全国的に知られるようになりました。

 

また、昭和24年に松阪肉牛共進会が開催され、品評会では優秀な肉牛が出品されてさらなる松阪牛の名声を高めていきます。

 

最高級松阪牛通販トップページに戻る

 


トップページ 焼肉特集 バーベキュー すき焼き お中元・お歳暮 景品目録